5/10(月)

英語:

実力練成テキスト P.34,35,40,41,52,53,58,59,66,67 の演習を行いました。

演習を行った内容は、英文法の 文型、受け身、現在完了形(経験・完了・結果・継続)、現在完了進行形です。

御幸山中では、上記の一部が1学期中間テストの範囲外になっていますので、そこはやる必要はありません。

植田中、天白中の生徒も、テスト範囲が発表されたら確認してください。

範囲外のところはやる必要はありません。

 

4/26(月)

英語:

教科書 Unit 2 Read and Think②、Let’s Talk①の解説を行いました。

授業の板書(タップすると拡大できます)

文法のポイントは「現在完了形」「現在完了進行形」です。「現在完了進行形」は、「ある動作をずっと続けてきている」ということを特に強調して言いたいときに使う表現であるということを理解しておきましょう。

例:テスト勉強をずっと続けてきた と言いたい時などに使います。

 

第一回テストで重要となる文法、「5つの文型」「受け身」「現在完了形(経験・完了・継続)」「現在完了進行形」について、練成テキストでしっかり練習していきましょう(個別演習でやっていきます)。

 

数学:

展開と因数分解の応用問題(式の値)について解説しました。練成テキスト P.31 の問題です。

一見すると公式をうまく使えない、テクニカルな問題です。難しい問題なのですが、よくテストには出題されます。70~80点の壁を超えるにはマスターしてほしい問題です。

教科書や i ワークを使い、基本問題をマスターすることが優先ではありますが、数学でしっかり点を取るために、このレベルの問題までやり切ることのできるよう、目標を持って勉強してください。

 

4/24(土)

午前中に理科と社会の補習を行いました。

理科:

i ワークの P.39, 45 の解説をしました。

単元は「力の合成と分解」「水中の物質にはたらく力」です。

授業の板書

復習のやり方

授業に参加した人へ

ノートを一通り見直した後に i ワークの問題を解いてください。確認問題から順に解いてみましょう。1回目に解くときは、教科書やノートを見ながらでも構いません。

授業を欠席した人へ

学校の授業より先に、予習形式で勉強する場合、i ワークを見ながら板書の写真をノートにまとめながら要点を整理してみてください。以降は同じように、確認問題から順に解いてみましょう。1回目に解くときは、教科書やノートを見ながらでも構いません。復習形式で勉強する場合は、いきなり問題演習からやってください。

 

社会:

i ワークの P.9, 15(途中まで) を解説しました。

単元は「第一次世界大戦と民族独立の動き」「大正デモクラシー」です。

授業の板書

復習のやり方

※シベリア出兵や日本の好景気についてなど、一部の解説を飛ばしているので注意してください。i ワーク該当する教科書は一通り読んでおくことをお勧めします。

授業に参加した人へ

ノートを一通り見直した後に i ワークの問題を解いてください。確認問題から順に解いてみましょう。1回目に解くときは、教科書やノートを見ながらでも構いません。

授業を欠席した人へ

学校の授業より先に、予習形式で勉強する場合、i ワークを見ながら板書の写真をノートにまとめながら要点を整理してみてください。以降は同じように、確認問題から順に解いてみましょう。1回目に解くときは、教科書やノートを見ながらでも構いません。復習形式で勉強する場合は、いきなり問題演習からやってください。