5/11(火)

英語:

実力練成テキスト P.14,32 にある、This[That] is ~  の文と、He[She] is ~ の文について解説しました。

授業の板書

原中・植田中ともに、Unit 2 の be 動詞(is)がテスト範囲に含まれるようです。

しっかり覚えておきましょう。

植田中は、be 動詞に加えて一般動詞と can の文章も出題されるようです。

テストの難化が予想されるので、何度も書いてしっかり練習しましょう。

(原中は be 動詞のみです)

 

 

4/27(火)

英語:

can を使った文の説明を行ったあと、作文練習を行いました。

授業の板書

最後の1つは教科書 Unit 1 にある重要表現です。

 

授業で使った小テストプリント

助動詞canテスト

教科書の単語を使った文法テスト

※この小テストにある問題は全て書けるようにしていきましょう。

 

数学:

i ワーク P.47,48 1章のまとめ A問題 を確認テストとして演習しました。

春休み中に演習量の違いが、時間内で解けた問題の数、正答率に如実に表れていました。

今週と、GW明けのテスト対策で反復練習していきましょう。

 

4/24(土)

午後から理科と社会の補習を行いました。

理科:

i ワークの P.7,11 の解説をしました。

単元は「身近な生物の観察」「種子をつくる植物」です。

授業の板書

勉強のポイント

  • ルーペ、双眼鏡、双眼実態顕微鏡の使い方を覚えておきましょう。
  • 花のつくりに加え、子房が果実に、胚珠が種子になることを覚えておきましょう。
  • 離弁花と合弁花、虫媒花と風媒花もよくテストに出ます。
  • 双子葉類と単子葉類の特徴を整理しておきましょう。

復習のやり方

授業に参加した人へ

ノートを一通り見直した後に i ワークの問題を解いてください。確認問題から順に解いてみましょう。1回目に解くときは、教科書やノートを見ながらでも構いません。

授業を欠席した人へ

学校の授業より先に、予習形式で勉強する場合、i ワークを見ながら板書の写真をノートにまとめながら要点を整理してみてください。以降は同じように、確認問題から順に解いてみましょう。1回目に解くときは、教科書やノートを見ながらでも構いません。復習形式で勉強する場合は、いきなり問題演習からやってください。

 

社会:

i ワークの P.15 の解説をしました。

単元は「人類の出現と文明のおこり」です。

授業の板書

勉強のポイント

  • 旧石器時代と新石器時代の特徴を整理しておきましょう。
  • メソポタミア文明、エジプト文明、インダス文明の特徴を整理しておきましょう。
  • 古代中国におこった国を整理しておきましょう。
  • ヘレニズム文化ができる流れを押さえておきましょう。

復習のやり方

授業に参加した人へ

ノートを一通り見直した後に i ワークの問題を解いてください。確認問題から順に解いてみましょう。1回目に解くときは、教科書やノートを見ながらでも構いません。

授業を欠席した人へ

学校の授業より先に、予習形式で勉強する場合、i ワークを見ながら板書の写真をノートにまとめながら要点を整理してみてください。以降は同じように、確認問題から順に解いてみましょう。1回目に解くときは、教科書やノートを見ながらでも構いません。復習形式で勉強する場合は、いきなり問題演習からやってください。

 

4/20(火)

英語:

be 動詞と一般動詞の文の説明を行ったあと、小テストを行いました。

授業の板書

be 動詞、一般動詞の文を、否定文・疑問文含めて一通り書けるようにしましょう。

 

授業で使った小テストプリント

be動詞短文テスト

一般動詞短文テスト

be動詞・一般動詞テスト

 

※ このテストの問題は、全て英語で書けるようにしてほしいです。

 

数学:

i ワーク P.35, 36 の、「素因数分解」と「素因数分解の利用」について解説しました。

すみません、板書は写真にとってないです。

何か資料を作れたらアップします。